読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As You Like It !

All the world's a stage, and all the men and women merely players. 独断と偏見に満ちたエンターテイメント作品紹介です。

めざせエンタメの伝道師!!

From the mixed-up files of Mrs. Basil E. Frankweiler クローディアの秘密

直訳の「フランクウィーラー夫人のごちゃごちゃのファイルより」だとよくわからないので、邦題はナイスだと思います。

日本でも「メトロポリタン美術館に家出する話」として有名な児童文学作品です。(あの「メトロポリタンミュージアム」の歌にもこの作品のモチーフが出てくる!)

英語原著で読んでみました。小学生向けなのでそこまで難しくなかった。

クローディアとジェイミー姉弟による謎解き小説。

まず1ページ目の手紙が何を言っているのか最初はわからない。この書き手の女性はだれ?

ご安心を。読み進めているうちにだんだんわかってきます。

 

コネチカットのGreenwichに住むクローディアは弟のジェイミーを誘って家出をします。

家出先はメトロポリタン美術館。警備員もうまくかわし、1週間をそこで過ごします。

その間に、ミケランジェロの作品とされるが本当のところは謎の天使の像を見ます。

像に魅せられたクローディアと(それに付き合わされた)ジェイミーは独自に調査を開始します。

果たしてこの像はミケランジェロの作品なのか?!

 

先日ニューヨークに行って、この本に出てくるグランドセントラル駅もメトロポリタン美術館(MET)にも行きました。二人はあの場所を歩いたのかなとニューヨーク旅行を思い返しながら読みました。(グランドセントラル駅からMETって、大人の足でもかなり遠いと思うけど笑)

METにはクローディアが眠ったマリーアントワネットのベッドらしきものがあったり、二人同様、私も地下のカフェテリアでランチしたり。

天使の像はなかった・・・よね?(MET広すぎてわからない・・・)

 

それに、うちにもうるさい弟がいたので、子どものころのことを思い出しました。

まぁ余計なことをしやがる、たまに役に立つ相棒!

 

なかなか考えさせられるセリフも多く・・・
たとえば、家出して数日経って、
"ホームシックにならないなんて、私は家族に対する愛情が足りてないのじゃないかしら"
“ホームシックにならないのは、自分が確立しているからだよ"
と二人が話す場面だったり。
 
"秘密"の上部をなぞって知った気になるだけでなく、 "take it inside you"(経験を自分のものにしなさい、ということ?)だったり。

 

そして最後のオチも、heart warming!

 

2002年に追記されたあとがきもまた素敵。9.11の前後でいろいろなものが変わってしまっても、New Yorkはいつでも変わらず皆を迎えてくれる。

 

二人の大冒険!!子どもの行動力と知恵と自我をなめたらいけない!