As You Like It !

All the world's a stage, and all the men and women merely players. 独断と偏見に満ちたエンターテイメント作品紹介です。めざせエンタメの伝道師!

Shakespeare in Love / Romeo & Juliet

シェイクスピアと中国の兵法書はまったく古くなくてすごい!!時代が変わっても人間の本質は普遍。
 

Shakespeare in Love 恋に落ちたシェイクスピア

第71回のアカデミー作品賞なんですね。話がわかりやすくて、画も綺麗で見やすい。
 
舞台は1593年、ロンドン。男装のヒロインの名前が ”Viola” というところで、あっ「十二夜」だと気づく。最初の借金取りのシーンは「ヴェニスの商人」? ”君を夏の日に例えようか” のソネットや「ロミジュリ」等々、たくさんシェイクスピア作品のモチーフが散りばめられています。
 
妻子を完全無視して、いいご身分ですねー笑 最後別れていくのが逆にいい。
宙組シェイクスピアでも、彼は実体験をもとに戯曲を作ったことになっていましたが、実際はどうなんでしょうか?イケメンだったのかな??
 
・Romeo & Juliet(1968) 
ロミオとジュリエット [Blu-ray]

ロミオとジュリエット [Blu-ray]

 

羽生くんのフリープログラムのあの曲の映画。名作です。

美しい少年少女を堪能しました!元の設定年齢に近いキャスティングをしたそうです。ジュリエット14歳ってのは知ってたけど、衝撃的なまでに子ども!台詞も原文のままの古い英語。変な中世の衣装も再現w
道化みの強いマキューシオが頑張っていたし、ベンヴォーリオも可愛い。ティボルトはきらい!
ゼフィレッリ監督はオペラの人なので、バルコニーのシーンでやたら動き回るところや、エンドロールが舞台っぽい。
 
ヴェローナには行ったことがある。あの頃、ロミジュリなんてダサい、ただの悲劇じゃんと斜に構えてたけど、もっとよく見てくればよかった・・・バルコニーは普通のバルコニーでした。これどうやって登るの?笑
*自分で撮った写真はどこかに行ってしまったので、他の方の記事を引用します。
 
ロンドンのグローブ座にも行きました。再建とはいえ当時の趣があって感動しました!写真ぶれぶれですが雰囲気だけ笑

f:id:Michon0713:20180405000236j:plain

f:id:Michon0713:20180405000309j:plain

f:id:Michon0713:20180405000253j:plain