読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As You Like It !

All the world's a stage, and all the men and women merely players. 独断と偏見に満ちたエンターテイメント作品紹介です。

めざせエンタメの伝道師!!

エリザベート

大好きな作品です。音楽がかっこいい。
東宝のは初めてでしたが、私の魂もエリザベートとともにトート閣下につれていかれてしまったようで、心はまだ黄泉の国にあります笑 余韻がすごい!!
 
【第一幕】
・セットが傾いている・・・ハプスグルク帝国が傾いているからか・・・始まる前から不穏な空気・・・
・狂気のルキーニさん 25歳なのか もっとおっさんかと思ってた
・「ハプスブルクの黄昏にエリザベートと一緒に生きた連中が」歌い出す 鳥肌!!
・トート閣下登場していきなり踊ってる笑 よっしー歌い方変わった
・トートダンサーズ ダンスのクオリティ高い笑
・自由に生きたい パパみたいになりたい
・「番狂わせが面白い」
・二人ならば嵐も怖くはない
・「すべての不幸をここに始めよう」「ハプスブルクの栄光の終焉」
・《最後のダンス》サビのところはいつものよっしーだ
・《私だけに》歌い終わって踵を返して強く歩いていくシシィ 宝塚はなんで倒れるのかな歌いきって疲れたのかなってかんじだったのでこっちのほうがいい
・エーヤンエリザベート!!三色旗のドレス素敵!!
・《ミルク》合唱好き いっくんルキーニの歌ちょっとバンドの歌手みたいだけどこういうのはさすがにうまい
・「お前に命許したために 生きる意味を見つけてしまった」ここの3重奏最高!!
 
【第二幕】
・「キッチュっ」じゃない 「キーーーーッチュ」だよいっくん!!笑 「鳩が出ますよ」はないのね
・「災いの種はお前自らがまいた もうだれも歯車を止められやしないさ」「束の間の女王 今だけだ!」ここかっこいい
・「あなたの方が自由」
・「死ねばいい!!」もないのね笑
・子ルドルフちゃんがすごく上手だった!!
・迫り来るナチスの影
・《闇が広がる》これ昔よっしーがルドルフやってたのかと思うとすごく感慨深い!!
・棺から出てくるトート 怖いから!笑
・パパみたいになれなかった(T T)
・《夜のボート》が悲しい すれ違い夫婦 フランツの愛は報われない(> <)
・「ルキーニ早く取りに来い!!」ナイフを渡すところかっこいい 後ろからだとキャッチ難しそう
・家族の悲劇列挙と最後のルキーニ死ぬ演出はいらない・・・トラウマになりそう・・・
 
よっしー新境地。低音も出るんですね。
でも、宝塚から入ると、なんだか生々しくていやだ!!笑
男性がやるトート閣下・・・うーむ みりおさんの方が良い・・・
マダムヴォルフのコレクションもまぁそういうことなんですけど・・・
宝塚版ではなんでマデレーネが人魚のバレリーナなのかわかった・・・
生々しいからぼかしたんだ・・・
壁ドンとか机ドンとかやめてほしい笑
 
これはこれでいいと思うので
比べるのは違うのかもしれないけれど
やはり望海さんのルキーニは血が通っていたなと思う。
ルキーニは「狂気の人」というだけではないのだから。
 
そして主役らんちゃん お歌にはらはら・・・
伝説のシシィ花總さんとWキャストで、相手がよっしーなんて、
絶対食われるから誰もやりたくないだろうし、「こないだやりました」のらんちゃんしかできないと思うけど・・・
ただ、退団後元気でいてくれてよかったです。
 
出てくる人たち、揃いも揃って皆孤独なのだ。
シシィ、フランツ、ゾフィー、ルドルフ、トート、ルキーニ・・・
「この世で休めない」
ぎゅーっと苦しくなるようでした。
美しかったけど怖かった。。。闇が広がった。。。