読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As You Like It !

All the world's a stage, and all the men and women merely players. 独断と偏見に満ちたエンターテイメント作品紹介です。

めざせエンタメの伝道師!!

WILLPOLIS2014 劇場版

movie

最近よく高校生の頃の夢をみる。
決まって試験の前で
「一番にならないと 東大に入らないと」と思っている。
追いつめられてたんだな。辛かったんだな。
しんどすぎてだんだん麻痺してしまったらしく、
私は高3のときの記憶がほとんどない。。。

 

でも、ベッドで丸まってBUMPのユグドラシルをずっと聞いていたことは覚えている。
あの狭い町と小さな学校が私の世界のほとんどすべてだったけど、
そこに風穴をあけてくれたのがBUMPだった。

 

「どんな今を生きていますか 好きだった歌はまだ聞こえますか」

 

*WILLPOLISアニメーションについて
2012のツアーからオープニングムービーを見ていて
これは何をしているところなんだろう?
どんなストーリーなんだろう?と思っていたけど
やっとつながった。

"想い"はあるか? 

「俺はもうおしまいなんだよ」と私も言いたいかんじだけど
それではWILLPOLISにはたどり着けないのだ。

 

*ドキュメンタリーパートについて
「怖いことばっかり」だけど「ドアを開けていく」

「誇りに思います」という藤くんを、私も誇りに思います。

たしかに藤くんはライブ中に「ありがとう」ってよく言う。
「そういうありがとうなんです。」

 

藤くんがライブ終わって寝転んで

腕のニコルを見ていたのが印象的だった。

 

曲はいきもので
藤くんが唄えるのはチャマとヒロくんと秀ちゃんがいるからだ
と思った。

 

お客さんの声を混ぜていたのはよかった。
たしかに、私もあの日、あの光のひとつだったのだ。


この映画を観て、
想像力・創造力が刺激され、
帰ってからずっと絵を描いていました。
(先日のNHKのクリエイターたちとのドキュメンタリー、すごくよくわかった。

これはいろいろ作りたくなる。)

 

もし有名になればBUMPと仕事ができるのなら
まだ人生投げ出さずにがんばりたいし
彼らが生きろと言うなら
生きていこうと思う。

 

12/18までです。お早目に!!

f:id:Michon0713:20141206105544j:plain