読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

As You Like It !

All the world's a stage, and all the men and women merely players. 独断と偏見に満ちたエンターテイメント作品紹介です。

めざせエンタメの伝道師!!

若き数学者のアメリカ 藤原正彦

大変面白かった!インテリあるある 自意識過剰 超わかる笑 すごい優秀なはずなのに、結構バカなこともしていて笑った。 具合悪いと「私もう祖国の地を踏めずに死ぬんじゃないか」と思う あるある笑 藤原正彦氏を"右"だと批判する人がいるけど(実際ちょっと…

明日はどっちだ?!未来を考えるSF作品5冊

(別のところ向けに書いていたのですが、企画がぽしゃったのでこちらに残しておきます。) 昨年10月21日は映画「バックトゥーザフューチャー2」で描かれた30年後の未来の日ということで、私もいちファンとして祝いました。この中で描かれる“The 未来のくらし…

「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ

舞台の感想ばかり書いているので、久しぶりに本の話を。 梅雨が明けまして、夏の青空が広がっておりますが、 この本のイメージはイングランドの曇り空。 寂寥感とデッドエンド感。 このニュースはご存知でしょうか? 「ブタ体内でヒトのiPS臓器作成」 http:/…

こころ 夏目漱石

人と話すことを仕事にしていますが、 私は人が苦手です。人が怖いです。 わりと人間不信です。 一度そう思うと、フィードバックループでどんどん苦手になります。 「私は淋しい人間です。」 そんなお話といえば、有名すぎるほど有名なこれでしょう。 何年ぶ…

舞台 西加奈子

なんか「人間失格」っぽいなと思ったら、 やっぱりそうなんだ。“葉太”だし。 さすがにここまでではないけど、気持ちとてもわかった。。。 自分でやっておいて叫びだしたくなるかんじとか、 「演じる」だとか、「人に見せるための日記」だとか。 自分だけかと…

笑う手伝いはできても流したなみだを消すことはできないんだ

タイトルと前書きだけで泣きそうである。 私も「働きマン」はもう辛くて読めません。学生の頃、働くということを知る前は面白く読んでいたのに。それは私だけじゃなかった。 安野先生丸くなったなぁと思っていた。なるほどそういうことだったのか。絵がかわ…

ワナドゥ!!手帳

ロフトに売っています。 試しに「ヨガ」を購入してみました。 スケジュール帳ではなくワークブック。 読み物部分は普通の本を買えばいいような気がしますが 書き込みをして気付きがあったり記録を残せたりするのはよいかと。 (ま これも市販のノートに書けば…

 ぶどうのなみだ 三島有紀子

現在公開中映画の小説版です。 「人生に折り合いをつけない」というと 舞台「ラ・マンチャの男」の 「本当の狂気とはなんだ。人間として一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に折り合いをつけて、あるべき姿のために闘わないことだ。」 という有名な台詞…